なぜ転職しようと思ったのですか?

前職は大手SIerとよばれる会社で、オープンシステムで扱う技術の研究開発やエンジニアの育成、現場への技術支援などを担当していました。入社5年目に、他社のWebサービスを改善する仕事を任された際に、インターネットを通じてその先の人間に価値を提供する面白さを体験して、自社サービスとしてそれをやっている企業で本気で挑戦してみたいと思いました。もともと、学生時代から趣味でWeb制作やサービスの開発をしていて、インターネットを使って人々に何かを届けるのが得意だと感じていました。自分が今までに培ってきた知識や経験を、もっと効果的に世の中にとっての価値へ変えていける仕事があるのでは、と思ったのがきっかけです。

その際に、大事にしていたことはありますか?

企業が、世の中にどういう価値を届けようとしているのか?何を実現したいのか?ということを重視していました。私と同じ方向を向いている人が集まった環境のなかで、自分の能力ができるだけ活かせる仕事を探していたので、企業のビジョンを知る手段として、企業理念を見て、その会社の目指す先を知るようにしていましたね。

ピクシブとの出会いは?

ネットで色んな企業サイトをみてまわっていた時に、ピクシブが掲げる「創作活動がもっと楽しくなる場所を作る」という企業理念と出会ったのがきっかけです。私自身も創作活動が好きで、色んなクリエイターの人たちと一緒に作品を作っています。その活動の中で、彼らを奮い立たせたり勇気付けたり、また逆に私自身も彼らから元気をもらっていて、ピクシブが目指すことにはとても共感できました。だからこそ、クリエイターの立場で考え、創作活動を楽しくすることが自分には向いていると実感し、惹かれたことが入社の決め手になりました。

入社後はどんな仕事を担当したのですか?

入社してからしばらくは、BOOTHという通販サービスのエンジニア担当をしていました。最初はサービスに必要な機能の実装のみを担当していましたが、作業に慣れていくうちに自分から新しい機能を企画提案することも多くなりました。エンジニアという立場とはいえ、職種にこだわりすぎず、向いていることで価値を発揮すればよいので、自分の力を活かせていると感じています。

入社後、ギャップを感じましたか?

とても若い会社という印象を受けました。前職と比べると、平均年齢や組織体制、評価制度などに差を感じることもありました。大きな企業は安定した環境で組織力をつかって大きな仕事が進められることが魅力ですが、ピクシブのような成長過程にある企業は、人数も少ない分、一人の仕事に対する裁量が大きく、柔軟でスピード感があります。大企業が1年かけるプロジェクトも、ピクシブでは数ヶ月で成果をだしていきます。世の中の求めるものをフットワークよく掴んでいける柔軟さが私にはとても心地よく、やりがいを感じます。

ピクシブ独特の働き方は?

ピクシブは社員のモチベーションを大事にする会社です。エンジニアも積極的にサービスを良くするアイデアを提案し、それを形にしていく、いわばサービスクリエイター気質が強いひとが多い。そういう社員たちの強い想いや、クリエイターに対する尊敬や熱意があるからこそ、ユーザーであるクリエイターを喜ばせるサービスが作れているのだと考えています。

BOOTHで印象に残っていることは?

BOOTHは個人のクリエイターがネット上に自身のショップを作成できる通販サービスです。担当し始めた頃は、各ショップがそれぞれのブランドを展開して個別に宣伝活動をしていました。しかし、多くのショップが宣伝する余力持たないため、せっかくいい作品が出品されてもあまり売れないという状況だったんです。BOOTHというサービス自体がブランド力を持ち、売れる場所になれるよう、個人ショップが集まる巨大ECモールのようになればクリエイターは更に創作活動に専念できるはずなんです。こうして、モール化プロジェクトが始まりました。

モール化プロジェクトではどんなことをしたのですか?

最初は、自分で考えた活性化の仕組みを、何度も仮説を立てて検証してみたのですが、あまり良い効果を得られませんでした。そこで気づいたのが、BOOTHを使うユーザー像を深く理解していなかった、ということです。このままでプロジェクトが成功できないと焦りを感じ、創作系の商品を扱う現実の店舗を見てみることにしました。売り場のレイアウトや商品の配置など、隅から隅まで調査し、モール化を成功させたいという想いで何軒も何度も通いました。そのうち対象のユーザー像が定まり、ユーザーがどのような嗜好を持ちどのように作品を見つけるのかがみえてきて、検証していくうちに少しずつ反応が得られるように。感覚を掴んだところでリリースし、その後も調整を経ながら、無事作品は売れるようになりました。

その後は、何を担当されているのですか?

モール化プロジェクトが終わってからは、既存顧客との関係性を強化するような施策と、特集ページを提供するための運用体制と機能作りに取り組んでいました。現在は現場を退き、エンジニア組織を良くしていくための活動に努めています。本当にさまざまな事に携われるのが面白いです。エンジニアも決まった枠の仕事ではなく、モチベーション次第で、ユーザーの行動を分析したり、ヒアリングしたりして0からサービスを作り上げていくので、私には向いていると実感しています。つくることが好きな人には最高の環境ですね。

ピクシブの好きなところは?

仕事であっても、全力で没頭できる趣味といっていいほどにサービス作りを愛していること。自分の興味があることをそのまま仕事にできて、そのことに熱い想いを持った社員同士が集まって「一緒にサービスつくっていること。そういう姿勢が、いいプロダクトを生みだすと思っています。

今後の目標は?

中途として入社した直後に思ったのが、この会社には面白い人がたくさんいて、それがあまり表にでていないということ。私はそういうの、会社の中でも「いいね」「すごいね」ってみんなで認めあって、それを外に対しても「すごいだろ」と言いたい。それって、私たちがやっている活動に対して共感する人間をもっとよびこめるきっかけになると思うし、なによりも、働いている私たち自身もテンションが上がるなって思うんです。結果としてそれが、私たちが作っているサービスをもっとよくしていけると思っています。

川田さんにとって「つくる」とは何ですか?

これは私のとても個人的な考えが強いのですが、つくったものは最終的に世の中に出て何かの価値を提供しないと意味がないと思います。「つくる」という行為は、たくさんの人に喜びを与えることに繋がるのではないかと。インターネットの力を使えば、物凄いスピード感でそれができるんじゃないかと思うのです。世の中のたくさんの人のためにサービスを作りたいです。