ピクシブの前は会社を起業していたと聞いたのですが…?

とある会社の完全子会社の形態で会社をやっていました。社員3人でスタートし、私はアプリのエンジニアリングや実装、サービス設計など、アプリ全般を担当していました。

起業によって、どのようなことを経験できましたか?

起業してからプログラミングに触れたため、ある程度習得するまでは苦労しました。もともと、一人でのサービスづくりには限界があると思っていましたが、前職のメンバーと全員で力を合わせて取り組んでいく中で、改めて、同じ意志を持った仲間との仕事はすごいエネルギーを生むことを経験できました。結果としてサービスはたくさんの方に使って頂くところまでは至らなかったのですが、代え難い経験になったと思っています。

転職では何を重視していましたか?

「サービスは使われないと価値を生めない」と思い、使われるサービスのつくり方を身につけるために、ある程度のユーザー規模があり、自社サービスをつくっている会社を探していました。

ピクシブに入社することになったきっかけは?

面接でサービスに関する議論になったことが、とても印象に残っています。前職でもそうでしたが、サービスをつくるために意見をぶつけ合うことは重要です。ピクシブのことはそんなに詳しくありませんでしたが、議論を通じてピクシブでも普段からこういうことをやっているんだなと感じ、強い意志をもったメンバーが同じ方向を向いてサービス作りに臨んでいる環境だと思えたことが決め手でした。

入社後はまずどんな仕事を担当されたのですか?

入社後はpixivのアプリチームのエンジニアを担当。アプリの不具合の解消がメインでした。入社直後、大きなバグが発生したのですが、チームの主要メンバーが抜けたあとで、僕が入社する直前に新しいチームリーダーやディレクターが加わっていましたが、彼らも慣れていない状態で、チームを引っ張る人間が不在だったため、「これは自分が動くべきだ」と思い、自ら手を挙げ、現在はプロダクトマネージャーを担当しています。

兼務することで苦労されたことはありますか?

プロダクトマネージャーの仕事は進む方向を示し、具体的なアクションにまで落とし込み、優先順位を決め、引っ張っていくことなのですが、私はチームマネジメントの経験がなかったため、最初は大変でした。たとえば、役割の分担。前職では一人で広い範囲を担当していたので、メンバーに役割を与え、チームをまとめる・動かすという考え方がありませんでした。仲間とビジョンを共有して、同じ方向に向かって試行錯誤を繰り返しながら進んでいくことが重要だと学びました。

プロダクトマネージャーとして心がけていたことは?

ビジョンとその実現までの道のりを共有すること。それがチームのメンバーで共有されていることがサービスの成長につながると考えているので、会社の状況とメンバーのバランスを考慮して進行。ピクシブでは立場・職種関係なくメンバーと意見をぶつけ合うことができるので、より良いサービスを目指し、日々熱く議論しています。

ピクシブで働くことのやりがいは何ですか?

職域などの個人の働き方に縛りが少なく、サービスを良くするための動きを幅広くとれるところです。エンジニアがただ実装するだけではなく、プロダクトマネージャーやデザイナーと議論してサービスをつくることができるので、コミットできる幅が広いと感じています。ピクシブは直接売り上げなどの数字に紐付かない、ビジョンの実現につながる行動にもきちんと価値を置く社風なことも、やりがいにつながっていますね。

今後の目標は?

クリエイターの幸せにつながる場をつくることです。ピクシブはその点でまだ途上だと思っているので、しっかり基礎をつくりたいと思っています。また、今後は1から新しい価値をつくっていきたいと考えています。具体的に言うと小さくは新規サービスの立ち上げで、大きくはピクシブのサービス群とそれらをつなぐ土台となる仕組みをつくり、そのときそのときの環境にそぐうクリエイターの幸せにつながる場をつくることです。これらの実現は1人では厳しいので、”人を育てる”というところにも力を入れていきたいです。サービスの考え方もチームや個人によってバラバラです。なので、「より効率的にユーザーに価値を提供するためには?」ということを考え続ける必要があると考えています。

人を育てるときに気をつけていることは?

本人の意志で強みを伸ばしていくという状況をつくることに気を使っています。そのために、「話をしっかり聞く」「相手のことを知る」「目指す方向を明らかにする」ということを大事にしています。目指すものの実現に向けて改善しつつじっくりアプローチし続けるという点において、育てることとサービスをつくることは同じだと考えています。

最後に。
北島さんにとって「つくる」とは何ですか?

あらゆることが「つくる」だと思っています。「つくる」とは人生。そして、つくったものが人に何を提供できたかが大切です。他にも、「つくる」とはスタートライン。サービスづくりは世界をつくることだと思います。世界には場があって、人がいて、何かの体験があって感情がある。感情や体験がつながることで経験になり、影響を与える。価値があって人生の幸せにつながるような世界をつくりたい。「つくる」とは、悩みの種であり、生きがいであり、一生やっていきたいことです。